耐震

家族の安心を守る「耐震最高等級」の家

ユーセイの地震対策へのこだわりをご紹介致します。

耐震最高等級3の「安心住宅フォルテ」

大切な家族を守る家だから、ユーセイの家(安心住宅フォルテ)は国が定める耐震基準「耐震等級1」の1.5倍の強さ。最高等級である「耐震等級3」に対応する「構造設計」が標準仕様です。この構造設計は、阪神・淡路大震災相当の1.5倍でも倒壊しない強度を誇ります。地震が多い日本でも、安心・安全に末永く暮らして頂ける地震に強い住まいをご提供致します。

耐震等級(構造躯体の倒壊防止)

  1. 数百年に一度発生する地震の力に対して倒壊しない程度
  2. 等級1の1.25倍の地震の力に対して倒壊しない程度
  3. 等級1の1.5倍
    地震の力に対して倒壊しない程度

※震度6強~7程度

「安心住宅フォルテ」についての様々なこだわりをご紹介いたします。
家を支える地盤調査から改良、「鉄筋コンクリートベタ基礎」「基礎パッキン工法」による強固な住まいの土台作り。一邸一邸に細かな構造設計を実施し、設計をもとにした「構造接合金具」「剛床構造や耐力壁」の設置で耐震最高等級の家をつくります。
また、「自社工事部のチェック」だけでなく第三者機関のチェック、専門的なサポートを採用することにより安心・安全な住まいをお届けしています。

POINT01
入念な地盤調査

頑丈な基礎は住まいづくりの基本です。地盤が弱いと、家が傾いたりする「不同沈下」が発生し、耐震性以前に欠陥となってしまいます。そこで、地盤を入念に調査し、その土地に合った最適な基礎工事を施しています。

地盤調査

POINT02
「鉄筋コンクリートベタ基礎」
強固な基礎工法で建物を支えます

鉄筋を建物下の地盤全体に配筋し、そこに底盤厚150mm分のコンクリートを流し込む基礎工法。地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすとともに、地面を鉄筋コンクリートで覆っているので、防蟻対策としても有効です。

  • 基礎配筋
  • 基礎配筋
  • 鉄筋コンクリート
    ベタ基礎

POINT03
「基礎パッキン工法」で
基礎部の換気にも配慮

基礎と土台の間にパッキンを取り付けることで、従来工法の1.5~2倍の換気性能を発揮し、湿気のこもりやすいコーナー部分もしっかりと換気。基礎部分の強度を損なわない工法であるとともに、土台が基礎コンクリートと接触していないため、土台の耐久性も向上します。

  • 基礎パッキン工法イラスト

POINT04
「構造接合金物」、強固な接合金物で
しっかりジョイント

柱と梁、筋かいが交差する部分は、羽子板ボルト、筋かい金物といった各種金物で固定。また、アンカーボルト、ホールダウン金物で基礎と構造体をしっかりと固定し、台風の強風や地震の横からの力による浮き上がりを防止しています。

  • 筋違金物
  • 羽子板ボルト
  • ホールダウン金物

POINT05
剛床構造や耐力壁が確かな耐震性を発揮

厚さ24mmの構造用合板を用いた剛床構造で、水平剛性がアップ。さらに、構造用合板の耐力壁をバランスよく配置し、剛性と耐震性に優れた住まいを実現しています。

  • 土台敷き
  • 構造用合板敷き
  • 構造用合板の耐力壁
  • 構造用合板の
    耐力壁の図

ユーセイオリジナル制震ダンパー
「X(クロス)-PROTECT」

最高等級の耐震住宅に「制震技術」をプラス

地震大国と言われる日本にとって、住宅の優れた耐震性は不可欠な性能です。ご家族にいつまでも安心して暮らしていただくため、ユーセイでは最高等級の耐震性能を実現した高耐震構造に加え、住友ゴム工業製ユーセイオリジナル制震ダンパーX(クロス)-PROTECTを備えることで、地震の揺れを低減。また、60年間(※1)経過しても性能がほとんど変わらず、効果を発揮することを確認しています。 ※1…住友ゴム工業の促進劣化試験の結果による。

  • ユーセイオリジナル制震ダンパーX(クロス)-PROTEC

POINT01
高減衰ゴムが地震の揺れを吸収します

内蔵されている高減衰ゴムが変形することで、地震の運動エネルギーを熱に変え、建物の損傷を大幅に抑えます。また、60年間(※1)経過しても性能がほとんど変わらず、効果を発揮することを確認しております。

※1…住友ゴム工業の促進劣化試験の結果による。

POINT02
高い耐震性能と設計自由度

熊本地震で発生した
震度7クラスの地震に耐えられる

実大振動台実験にて、熊本地震級の前震の地震波と本震の地震波を2回
加えても倒壊しないことが実証されています。

高い設計自由度を備えた制震装置

住宅のデザインや間取りなど、設計の自由度を損なうことがありません。

実際の耐震・制震技術をご覧頂きたい方は、
モデルハウスや各分譲地へお越しください

こちらもオススメ!

私たちが目指す住まい作り